So-net無料ブログ作成
検索選択

すん評 謎解きはディナーのあとで 東川篤哉 [すん評]

読書感想文

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで

嵐ファンの娘に読書癖をつけられないかと購入。

しかしながら、当ては外れてなかなか読み出さないので、見本を見せないとと読破。
 
ドラマを見るまえに読んでいたら感想はだいぶ違っていたかもしれない。
 
なんというのだろう。
小説のドラマ化って、小説の中のスポットライトを当てたい部分をざっと抜き書きして、再構成してストーリーを組み直すという過程があるような気がしていたのだ。
そうすると、もともとの小説には抜き書きされなかった部分、ドラマでは語られることのなかったディテイルが散りばめられていて、「そうそう、小説でしか描けない部分ってあるんだよね」っていう感覚になるのが普通だと思っていた。
 
だが、驚くほどにドラマの映像のイメージが途切れることなく流れていく。
まるで、ドラマを小説化したかのようだった。
いや、それでもここまで忠実には同期しにくいと思われる。
 
それがこの作者のスタイルって言うことなんだろうけど、田中芳樹のような、ここまでためるかよってくらいに解説を差し入れる小説になれている身にはちょっと物足りなく感じた。
 
もう一冊「謎解きはディナーのあとで 2」が目の前にあるので、ドラマではやっていない話があることを期待したいな。
案外、小説が先だと、ドラマにイメージを破壊されるのかもしれないし。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。