So-net無料ブログ作成
検索選択

すん評 ビブリア古書堂の事件手帖 三上延 [すん評]

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2011/03/25
  • メディア: 文庫
娘が読みたいといったので買った本達。

 

ちょっとほっぽらかしにしてあったけれど、
まとめて読書中。

これ、面白いね。

「謎解きはディナーのあとで」を読んだあとだからなのかな。
登場人物に自分を重ねやすいので読みやすいのだと思う。

向こうは、高慢なお嬢様と皮肉な執事、それに自己中な上司がメイン。
どれも自分の性格とはかけ離れた存在である事を楽しむキャラ。
だから、登場人物に視点を置けず、どうしても観客席に座って舞台を見る感覚になってしまう。

こっち「ビブリア古書堂の事件手帖」は、主人公の男性目線で話が進む。
性格設定も突飛すぎず、一緒に舞台を演じているような気になれる。
謎解きは謎解きでしっかり用意されているのだが、謎解きとは別に、主人公の男性とと古書堂の店主の女性とのじゃれ合いのお話が進んでいく。
この二人がこのあとどうなっていくのかという楽しみもあり、一話完結型の「謎解きはディナーのあとで」とは違って、読み続けるのが苦では無いのだ。

古書堂の店主の女性というのが、良い感じ。
何かに特筆する才能があり、どこかというよりかなり変わっていて、しかも自分が美しいことに気がついていない。
というキャラが個人的に好きなので、彼女にひかれる主人公の立場に入り込みやすい。

ただ、1点だけ同化できないところがあるとすれば、この栞子さんという女性が巨乳という設定である事。
なんかイメージが合わない。
頭の良い人は巨乳では無いという単なる勝手な偏見なんだろうな^^;;

ま、どうでも良いことだが。^^;;

かるーーく読みたい推理ものとしては、なかなかツボにはまった本でございました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

charingo

大きいに越したことはないですね(笑)

推理小説は通勤の電車の中でよく読みましたが、最近は寝てることが多くて…
「謎解きはディナーのあとで」は本屋さんで興味を持ったのですが、直ぐにテレビでやったので興味が薄れてしまい結局は読んでいません。
「ビブリア古書堂の事件手帖」は面白そうですね。
by charingo (2012-08-15 22:53) 

すんぷ

いやあ、そこは意見の分かれるところで^^

賢い=小さい が私の深層心理にべっとりこびりついていると思われ、そういうシーンに突き当たる度に、物語の中からぐいっと引き剥がされるような感覚。
微妙です。^^;;

ま、どうでもいいことですが^^;
by すんぷ (2012-08-16 06:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。