So-net無料ブログ作成
検索選択

すん評 ビブリア古書堂の事件手帖3 三上延 [すん評]

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2012/06/21
  • メディア: 文庫

1巻2巻に続き、3巻も読んだので記録。

3巻は2巻の正常進化って感じだな。
お母さんネタを引っ張るかなと思ったら、案外話しを進めてきた。
スピード感的にはGOODだね。

 


主人公と栞子さんとの恋?も少しずつ進展しているように見えるし、
・古書店の業界話をベースに本の盗難事件を解決 お母さんの話も進展
・1巻で登場した人の家族との和解話
・栞子さんの同級生の本にまつわる相続問題 お母さんの話も進展

と、切り口も突飛にはならず安心して読める。

一部、栞子さんだけで無く、他の一般人としての登場人物にも一定レベル以上の古本知識を求めるシーンがあって、???ってなるところもあったが、そうじゃなきゃ古本をテーマにしたミステリー本は書けないよなとも思う。

宮沢賢治の初版本を面白いと言って、読み込む高校生っているのかなぁ^^;;


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。