So-net無料ブログ作成
検索選択

25年ぶりのスキー [MY BOOM]

ski201212261.jpg

スキー板とスキー靴 25年ぶりに購入。
どっちがオニューでしょう?
ま、分かるわな。

しっかし短くなったモノだね。
昔は身長基準だったが、今はそんなのもなくなっているらしい。
 

ski201212265.jpg
御靴はこれ。

LANGE逝く

で、去年はブーツレンタルで滑ったのだが、なんか、しっくりこなかった。
無論、ワイのようなペース(年1-3回)で滑るならレンタルで充分なのだが、なんかね、趣味に中途半端はつまらないなと言う自分が居る。

で、購入に至りました。

25年前、LANGEに惚れて、日本人の足には合わないという忠告を振り切って買った。
その時の思いは健在で、いろいろネットで他のメーカーも眺めたがまったく心に入ってこなかった。^^;;
そこに、最近のLANGEは日本人の足にも合わせたものを出しているんですよ、と言われたらもう他の選択肢はなかった。

ski201212266.jpg良いです。
ski201212267.jpg良いです。
110と言う数字はシェルの堅さを表しているらしく、100を超えればまあ上級者なのだとか。
スキー歴25年の超初心者(ペーパースキーヤー)には、豚に真珠、猫に小判なのだが、長く使うのだったら良いかなと思った。 
試し履きして、速攻決定。[わーい(嬉しい顔)]

ski201212262.jpg 

板はロシニョールから小賀坂にスイッチ
板はブーツほどのブランドへのいれこみはなかった。
25年前は、ブランドのイメージとデザインとラインナップのわかりやすさが決め手だったな。
当時は、競技モデルが主で、回転向け、大回転向けの2種類しか目に飛び込んでいなかった記憶がある。
ロシニョールはスラローム向けに3S 5S 7Sと出していて、5Sが日本の雪に合わせたものという売り込み方。
そう覚えているのだから、きっとそれが自分の購入のポイントだったのだろう。

で、今を見ると、回転、大回転というスキー競技による大きな区分けではなく、どういう滑り方をしたいかという区分けになっていた。(25年前もそうだったのかもしれないが……^^;;)
各メーカーで区分の仕方は違うし、そこにロッカースキーという新たなアイテムも入ってきてもう頭は混乱。
どれにしよう、となり、この時は板を存続させる方向に傾いた。

そこに、敬愛するスキーヤーから「おがさか」というブランドを勧められる。
ブランド決めうちならば、情報量も少なくてイメージを固めやすい。
小賀坂に絞ってカタログインプレッションを読み込む事にした。
もし、小賀坂が駄目でも、その板と同等性能という目で横通ししていけば良いからね。

競技系、テクニカル系、ユーティリティ系、マウンテン系……。


ユーティリティ系は、テクニカル系のモデルの廉価版という位置づけだった。
MTBでいうと上位機とディメンジョンは一緒で、コンポーネントはお安くしますよというイメージ。
デザインも悪くなく、予算次第で落ち着くかもなと抑えておく。

競技系は鼻から排除。
競技系はタイムを削るために何かを犠牲にしている。
MTBで言うと2x10 or 1x11のハードテイルというイメージができあがっているのでそれは排除。
マウンテン系を見ると「オールマウンテン」という自分にはど真ん中な言葉もあるが、読み込むとどちらかというとMTBでいうフリーライド系に近いイメージで、これも違う。

で、テクニカル系に到達する。

ストライクなのはOGASAKAのUNITYというシリーズだと分かる。
だが、デザインを見て即排除。
白だったから。
白い雪の中で白はないベという固定概念は取り除く事が出来ず、結果……。
ski201212263.jpg

が残った。
テクニカル系の上位モデル。
廉価版でシルエットは一緒と言われていたベースのモデルだ。
そういう位置づけというのも良い。

で、これを基準にして、お店に行きました。
お店はLANGEを置いてある店と言う事でICIスポーツに決めうち。

結果、ブーツはあったけど、板は店頭になかった。
早速、同等の板という事で、ロシニョールとか、サロモンとか、K2とか、
いろいろいろいろいろいろ出てきました。
基準にしていた板が売れ筋価格帯の少し上にあるらしく、同等と言っても少し安い比較モデルが出てくる出てくる。^^;;

それだけ出てくると、自分の中でできあがっていたスキーの区分がごちゃ混ぜになってきて、お店の人と話していてその区分もあいまいだと言う事も分かってくる。
更にロッカースキーというアイテムが横からその区分を乱しまくるモノだから、自分に合うものが何か分からなくなってきてしまう。
自分の中にまだ これだ!!! というイメージがないのだなと思い、ブーツだけ買って板は存続させるか、板はレンタルにするかに傾く。

結局、お手上げとなり、お断りモードへ。
店員さんに、此処まで付き合わせた以上、そこそこの理由にしなきゃということで、「やはり、そのモデルでないと駄目だ」という言い訳で板の購入を断念すると決める。
「そうですよねー。やっぱり拘っちゃいますよねー」って、店員さんも残念そうな同情モード。
他の店にももうないという事だったので、一応、他の店舗も探してもらって無ければ終了ということにする。
ここまで拘れば、お断りとしては完璧だろうと考えたのだ。

したら、
あります!!2日後入荷ですが良いですか?だって。

「他の店にもたぶん無いと思いますよ」という最初の情報はブラフだったのかという事態になり、あれば買うと言った以上逃げ道はなく、一転して購入決定。^^;;

運命ですな。

ski201212264.jpg
しっかし時代は変わるものだねぇ。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

t.shige

右がお父さんので、左は御嬢さん用かと思ったよ。

私はカービングスキーで時代が止まっているよ。
私の板は安物のまっすぐで長いやつだけどね。

もう、10年以上滑ってないよ、、
by t.shige (2012-12-29 10:04) 

すんぷ

なんだかんだで、ここのところ、1年に最低1回は滑っているのです。
最初は子供の雪遊びに付き合っていただけなんだけど、その内になんか滑りたくなってきて……。
やっとこさ、今にとって普通の板で滑れるよ^^;
by すんぷ (2012-12-29 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。