So-net無料ブログ作成

すん評 別冊図書館戦争I&II 有川浩 [すん評]

本編4巻に引き続き、別冊二冊。 
 
book20130529.JPG 
 
前書きにもあったが、本編よりべたべたな恋愛モノだった。
この二冊は駄目な人には駄目かもね。
 
 
 

別冊Iは、ベタ甘。
このワイでも少しもたれてきた^^;;

本編では図書館革命が終了し、くっついてハッピーエンドになった二人。
本編の最後で、ざっと話が飛んで、二人はいつの間にやら夫婦になってた。
この本は、そのざっと飛ばした部分を埋める話しだね。
別冊として読むのならありだ。

別冊IIは、Iとは違って主人公以外の人物に目が向けられているので、本編を彩った人物像が膨らむので面白かった。
副隊長の緒方の話しは、こういうベタ甘小説ではありがちな伏線をつなぎかけで残す物語。
ありがちだからこそすかっとするね。

それと、前回の感想で書いた柴崎。

>>読者の対象がもっと上であれば、柴崎はもっと違った感じで描かれたんだろうな。
>>いろんな意味で割り切りのできる女として。
>>その方が彼女にはもっと魅力を感じたと思われるし、
>>手塚のような真っ直ぐな男との対比も面白かっただろう。
>>べたな恋愛モノには似合わないから仕方ないけどね。

この感想に答えるかのように柴崎が最後に書き込まれてた。
ま、期待よりは甘い女の子に描かれてしまったけれど、そこはベタ甘の限界かな。
とはいえ、最後の最後に作者と歯車が合致したような気がして、何とも変なおもしろさを感じたよ。

あとがきにある、後味の悪い第一稿の方が自分には合っているのかも。

続編の映画が出来たらまた見に行こうっと[わーい(嬉しい顔)]

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。