So-net無料ブログ作成
検索選択

J1富士見見てきました [MTB観戦]

MTBジャパンシリーズ 富士見秋 見てきた。
旗日は会社がお休みでは無いので、わざわざお休み取って。

FJ20141013.jpg

ま、今回はこの人だね。(以下敬称略)
門田基司エリート初優勝。

一昨年の初観戦の時からずっとトップ5の常連。
山本和弘であったり、斉藤亮、小野寺健、平野星矢と競いながらも、なかなか一番前を走ることは無かった。
アンカーの二人がランカウイに遠征しているというチャンスではあったが、小野寺健も居るし、なぜか門田がトップを走るイメージは無かった。
 

 

FJ201410132.jpg
最初の下りでは、いつもの様に最初は若手筆頭の沢田時や前田公平、最初からガンガン行く小野寺健が飛ばしていく。門田は恩田祐一と松本駿の後の6番手だった。この時点ではメリダの二人、健と恩田の争いになって、健が持って行く流れかなって思ってた。

最初の下りの全員撮影を終え、4Xセクションに上がってトップが来るのを待っていると、
FJ201410133.jpg
後続を引き離してバンプを駆け下りてきたのは門田だった。
あ、そうだった。この人も居た。
表彰台の常連であるのにトップのイメージが無かったのは、全くもって失礼な話しだ。

FJ201410134.jpg
3周目の根っこ下りの前。
後続にトップを譲っていた。

トップで来たのは平林安里。
安里のレースレポートにこの事は書いていないけど、エリートのトップを二十歳前で走ったというのはすごいことだよね。

おおお。十代の選手がJ1を制するのか!!

と気持ちが沸き立つ。 

今回は台風の影響もあり、根っこ下りセクションの見物客は二、三人。
これからの展開を語り合う人も居ず、淋しいなあと思っているところ、4周目の下りをかっ飛んできたのは
FJ201410135.jpg
門田だった。しかも後は離していた。

決まった。

と思った。

でも、機材スポーツだし、雨が降り始めてコンディションは悪くなっていた。
何があってもおかしくない。
決まりだろう でも、何があるか分からない
そんな締め付けられるような緊張感。

でも、こういう緊張感の時は何も起きないモノで、門田がそのまま後続を引き離してジャパンシリーズJ1初優勝
おめでとう。
FJ201410136.jpg
ゴール後は仲間と抱擁。そして、2位で戻ってきた今年エリート昇格してきた平林安里とがっちり握手。

台風もあり、本当ならエリート途中で退散することも考えていたけれど、最後まで見させてもらい感動もらっちゃいました。

いやぁ、良いレースだった^^


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。