So-net無料ブログ作成

読書感想文 モーフィアスの教室 三上延 [すん評]


モーフィアスの教室 (電撃文庫)

モーフィアスの教室 (電撃文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2008/01/10
  • メディア: 文庫

ビブリア古書堂の事件手帖にはまって、三上延という作者を知り、

すん評 偽りのドラグーン I〜V 三上延 
 
で、ライトノベル作者と知って、
そこそこ読めたので、次は!ということで購入。


偽りのドラグーンが戦記物で舞台が壮大なモノだというのに対して、
こちらは、一般人には認識されない世界での話し。
戦記物は世界観さえ揺らぐことなければすーーっと読めるのだが、人間の世界を魔界から守る番人のお話という事で、設定が後出しで分かることも多く、世界観を飲み込むのに少し喉に引っかかる。

あとは、スプラッターな表現は苦手^^;;

ということで、なかなか読み進めなかった。

伏線をちゃんと張っているし、ちゃんと刈り取るし、複数巻に渡る謎解きも仕込んでいるし、それなりに読めるんだけどね。世界観の共有、という入り口で引っかかったので、傍観者として読んでしまった。
ライトノベルはこの「入り口」が重要なのかもね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。