So-net無料ブログ作成

Coupe du Japon 富士見パノラマ 撮ってきた その2 [MTB観戦]


20150531富士見5.jpg
Men Youth / Challenge A / Challenge B 150名近くの一斉スタート。
マスターズで走りたい人をどんどん上に上げちゃって、チャレンジを一つにした方がいいんじゃねと思う。
これだけの大人数で、入り乱れて走るのは辛いでしょ。

ま、その辺りは事務局側が一生懸命考えているのだろう。


朽木で独走しながら失速してしまった北林力君が今度は力強くYOUTH独走優勝。
20150531富士見6.jpg
来年からのジュニアがもう既に楽しみ

チャレンジは、シクロの小坂正則選手と丸山厚選手がさすがの走り。
20150531富士見8.jpg
というか小坂選手はXCの全日本チャンプでシクロの実績もあるのだから、直接マスターズでも良いよねぇ。
丸山選手に至っては、チャレンジAを含めて、最後方スタートにも関わらずトップでゴールしたのだ。
20150531富士見7.jpg
丸山選手941はチャレAの川村選手689と最後の激坂で勝負。この後、交わしてチャレンジA,Bトップでゴール。
この辺りのクラス運用も事務局に期待したいところ。
(他カテでの実績申告を制度として定めちゃうとか)

女子はあとでまとめてやっちゃうので、次はマスターズとジュニア。

20150531富士見9.jpg
マスターズは、30才以上のクラス。
エリートでも走ることが出来るので、エリートのようにガツガツというのではなく、足きりに合わずに最後までレースを走りたい人向けと言う事になる。実際エリートの20位〜70位に相当するタイムで走っている。

20150531富士見10.jpg
マスターズ優勝は竹谷賢二選手
NHK BSでテレビ番組をやっている人。
2004年のアテネ五輪代表。全日本4勝。Jシリーズ三回制覇。通算27勝は男子でのダントツ1位だ。
マスターズの他の選手からすると あなたはエリート15位前後で走れるのだからエリートに行きなさい! なんだろうな。

20150531富士見11.jpg
ジュニアは17,18歳の2年。
ジュニアと侮るなかれ。
ここにはエリート10以内……いや、トップを競う実力がある。
だからこそ、成長期の彼らをエリートと分けて負荷を下げてあげる必要があるのだと思う。
故障しがちにならないためにも。

20150531富士見12.jpg
平林安里選手が優勝。
去年までのカテゴリわけではエリートを走っていて、なんと2位、3位を獲得していたのだ。
スキーアルペンも全国レベルで優勝する実力を持つ彼は、東京五輪の若手候補ナンバーワン。

20150531富士見13.jpg
2位は竹内遼選手。
社交的で人間的な魅力が大きい。
同じ歳の安里選手とずっと切磋琢磨してきているが、最近は後塵を拝することが多くモチベーション維持のためにも安里選手に一矢を報いて欲しい。

20150531富士見14.jpg
3位は山田将輝選手。
昨年のユース五輪に参加したこの世代の代表者。
この容姿の何処にあの闘志が?と思わせるギャップが良い。
安里、遼から遅れることなく3人でガツガツ上の世代を食ってくれ。

女子に続く

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。