So-net無料ブログ作成
検索選択

Coupe du Japon 白馬 撮ってきた [MTB観戦]

先々週の全日本・富士見に続き、CJ-1白馬を見て撮ってきた。

20150802hakuba.jpg

白馬名物太鼓橋。エリートの80名が一気に登っていく様は壮観だ。

全日本も暑かったが、こっちも暑かった。
冷静な見方をすると、アスリートにとってとても悪条件。
本来は開催してはいけない気温だったと思う。

撮っている立場でも常に脱水を感じているような環境で、走っているのだ。
サポートが万全ではない個人レベルでの参加の選手は身体を充分に冷やすことがかなわず、かなりの確率で内蔵系に負担をかけているだろう。
しかも2週間で二戦。
身体には充分なケアをしていって欲しいと思うなぁ。 

 

エリートは全日本に引き続き山本幸平選手が優勝。

20150802hakuba1.jpg

独走勝利。
結果だけ見ると楽に勝ったように見えるだろうけど、息づかいも分かる距離で撮っていると、前を向いてしっかり追い込んでいるのが分かる。

彼の目標は国内の戦いで勝つことではなく、世界で戦える選手になる事。
再び世界戦一桁完走が目標として語られるようになってきた。

次は8/12のアジア選手権。
此処で勝って日本のリオ五輪の切符を確定してほしい。

20150802hakuba2.jpg
エリートでは沢田時選手(21)が2位登壇。
U23の3年連続チャンプ。エリートでは初の表彰台。
海外を転戦したこともあるハートが鍛えられた若者。
一気に突き抜けて幸平選手に挑んで、世界レベルにのし上がって欲しい。

20150802hakuba3.jpg
もう一人 inac 国際自然環境アウトドア専門学校(幸平選手の母校)の山内健正選手(19)
エリートで彼初の10台フィニッシュの16位。
時、中原義貴(22)、前田公平(21)、山田誉史輝(20)、その後ろに彼がくっついた。

やっぱり若い世代が台頭してくるのはたのもしい。

来年からはその下のジュニア(18)の3人がエリートに上がってくる。
エリートがどんどん若返る。
楽しみだ。



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。