So-net無料ブログ作成

2017 朽木 Coupe du Japon MTB 観戦記 その4 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB 朽木


まとめて一気に行きます。


Men Advance


全部で30人だとキャラがたちにくいね。
競技にキャラは必要ないかもしれないが、見る側からするともう少しマスが欲しい。

だって速くて目立つ人はどんどん抜けていってしまうから、覚えたときにはエリートになってしまうんだよ。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18237885_2122637414629671_9959518833403872_o.jpg?oh=264865f56fc32a64e57765b857906f04&oe=59868EA0 

アドバンスもチャレンジの終了を待たずにスタート。
八代さんのレースは基本的に選手を出来るだけ走らせようという方向でタイスケと周回数を組むからこうなることは分かっているんだけど、スタートゴールに近い所が撮影ポイントとしてあまり魅力的でないことも相まって、スタートが収められないというジレンマがつらい。

最初の登りを先頭で駆け上がるのは藤田尚登。その横には加藤昂也が並びかける。

私のチェックポイントである登り返し。トップで戻って来たのは

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18320901_2122639157962830_7922295172747668105_o.jpg?oh=c752eb5d3dec4037a5c15efe11786d5e&oe=597AB051 
森峰明。西方面のレースではよく見かける京都MTB朝ライドの人。アドバンスには4人送り込んでいる。
スタートの登りは後方だったが、コース幅の広い登りで前を次々と交わして後続を一気に突き放して戻ってきた。ま、足の差がつきやすい激登りコース、半周でこの状態を作れる人はまず間違いなくそのままトップでゴールするとの予測通り、危なげなく優勝。


すぐにシングルに入ってしまうコースとの大きな違いはここ。スタートしてすぐにシングルに入ると速い人でも渋滞に巻き込まれてなかなか前に出られず、先頭との距離が詰められない。無理をするからトラブルにも遭いやすい。ま、それがXCの面白みでもあるのだが、スタートから最初のシングルまで延々と上るようなコースだと速い人がどんどん前を交わして登っていくのでシングルに到達したときにはその日の力順でほぼほぼ順位が出来上がっている。シーズン始めの頃の大会は緒戦に出られずにポイントがなく、速い人が後方スタートになる事が多いので、朽木のようなコースがこの時期に開催されるのはとても良いことだと思う。


フィード前の登りを2位で上がっている柴田宗幸

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18278150_2122636911296388_668324597486676464_o.jpg?oh=3c1175a8ad313dab417e6e0fe987ac71&oe=59866ED8 

トップの森と同じチーム。フィードゾーンの近くなのでチーム関係者も多く、乗りのいい応援が聞こえてくる。このままゴールにたどり着くかと思ったが、1人に交わされ残念ながら3位ゴール。エリート昇格はお預けになった。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18278920_2122640831295996_601058476446270127_o.jpg?oh=e181eca7a882cea99740bd3845c7e86c&oe=5982E61F 

柴田を交わして2位に上がってきたのは詫間啓耀。たくまたかあき と読む。チャリの開発者でもあり、今回もプロトのフレームを持ち込んでの参戦だ。個人的な戦前の予想では、昨年エリートで朽木42位だった彼を優勝候補にあげたが、やはりその実力を発揮してじわじわと2位に上がってきた。そのままゴールで2位登壇。これでここから来年のシーズンまでのエリート参戦が確定。


結果は

1. 森峰明  京都MTB朝ライド    Elite 昇格

2. 詫間啓耀 NESTO Factory Team  Elite 昇格

3. 柴田宗幸 京都MTB朝ライド 



Masters
戦前の予想は品川真寛と酒居良和の一騎打ち。

はたして結果もそうでした。



マスターズで竹谷賢二と唯一タメをはる品川 ここまで2連勝の酒居
奇しくも私の前で(Youthと混走で)若い子達速いな〜とぼやきながら走る品川と、品川さん速いな〜とぼやきながら走る酒居。そういう結果でした。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18237833_2122598547966891_5617402879717238891_o.jpg?oh=43ea2e97c8a9eacdb9d948d88c38c1a8&oe=59B44A81
3位には澤田泰征
失礼ながら年齢を感じる風貌なのだが、それとは裏腹の走りを見せる。頂上付近の激坂を淡々と力強く登っていく。めちゃカッコ良い。


結果は

1. 品川真寛 Team YOUCAN  1982年産

2. 酒居良和 マウンテン☆ポテト 1964年産

3. 澤田泰征 VOLCA              1965年産


登壇した3人の内2人が Masters 50 
一緒に走ったYouthから見るとお父さんよりはおじいちゃんに近い世代。
ほんと息の長い競技だなと思う[わーい(嬉しい顔)]



Men Youth 

松本一成が世代の勢力図を塗り替えている

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18359355_2122593067967439_7438457984472138967_o.jpg?oh=0818afb58649bfe91e7c7d7f750ceb49&oe=59859219

八幡浜で衝撃的な独走を見せた一成。この朽木でも各周回のベストタイムを繋ぎ、後続を30秒近く離してゴールした。もともとバイクの扱いには定評があって下りでは速さを見せていた。去年の後半くらいから登りの力強さも増してきていたが、今年になって化けた感有り。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18320569_2122595924633820_4901431534432129719_o.jpg?oh=3fc8e7145899332487fe26d5c2f543f5&oe=59C13805



https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18358548_2122595284633884_5357355436292306445_o.jpg?oh=85372829ae378d6bdcd84d9c64f27814&oe=5980E4EC

3位に入ったのは中島渉。速いしペースも安定していて、この年にして落ち着いた走りを見せる。成長と共にランクを上げていくと感じた。去年は同じような順位で前後していた同年の一成と今後どう渡り合っていくか楽しみだ。


結果は

1. 松本一成 TEAM SCOTT

2. 山口創平 ProRide 

3. 中島渉  2020Limited Team 846 


Men Challenge

https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18238212_2122622541297825_9198996837188356725_o.jpg?oh=991647b97fee5f84c1075d03b1d4a8ff&oe=597F61E6

Challengeは入り口のクラス。

速い人もそれほど速くない人もここから走り始める。

(他の競技で実績があったりすれば別だけど……)

だから、力のある人が初挑戦で勝利するのはままあること。

星育実もその1人になった。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18238130_2122605121299567_4023060206751766560_o.jpg?oh=6748fc135579ef573f2c84f9bf3bb129&oe=5973FC44

2位は間所尚和 
前を走っていた比護任と水谷拓也の2人がDNFとなり、直後を走っていた間所が繰り上がって昇格権を手に入れた。


https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t31.0-8/18216843_2122606641299415_8874379671365076228_o.jpg?oh=2488bb4c5d4bb3f9464da47c2d782bb6&oe=59AE4484

3位は林延彦 あと一歩の所で昇格権を逃す。


結果は
1. 星育実  RIDE to FUN
2. 間所尚和 CHAMPIGNON et TETE RASEE 
3. 林延彦 Club La.sista Offroad team 




nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 1

ほがしぃぶるー

ブログ 復活されたんですね。
私もしばらく休眠していましたが、先日復活しました。
by ほがしぃぶるー (2017-05-11 22:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。