So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

CJ MTB 2018 6/10 CJ-2 前橋 XCC 観戦記 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB CJ-2 前橋 XCC 観戦記
XCC クロスカントリーショートサーキット。ショートサーキットのサーキットのCを取ってるんだろうなと思っていたが、どうやらCriterium(クリテリウム)のCらしい。
XCEの投稿で
「ワールドカップではまるでロードのように横に広がった先頭集団ができていた。先頭を牽くのを嫌がるロードのような駆け引きがあった。牽きまくって集団を削る展開もあった。そして最後まで誰が勝つか分からない緊迫感があった。純粋な身体能力のぶつけ合いというより、ゴールを見据えての足の削り合い、ため合い、そして集団コントロールというのもそれはそれで面白いのだなと思った。」と書いたが、これはこっちに書くべき内容だね。
6/10 XCC
xcc34846297_2043080925766173_3542316264976285696_o.jpg
スタートとフィニッシュは同じ所にせよ。長さは 2 km を超えちゃいかん。時間は20〜60分だぞ。ってのと。自然または人工的障害物は,お偉い人の事前許可があれば良い。というルールしかない。
なので、運用は、シクロと同じようにクラス毎に走行時間を設定し、走り始めてから周回数を決めてゴールする形を取っていた。
よって、砂場と階段と障害物がないこと以外はほぼシクロクロスと同じと思って良い。もともとこの前橋ではシクロクロスが行われているからね。
XCEは1人の選手が試走を除くと4レースは走るのに対して、XCCはXCOと同じで1回。XCEは二分×4回に対して、XCCは40分。選手からすれば、最初から最後まで走れるXCEと、自分のクラスだけ走って終了のXCC。どっちが満足感が高いんだろうね。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/9 CJ-2 前橋 XCE 観戦記 [MTB]

Coupe du Japon MTB CJ-2 前橋 XCE観戦記
火曜日には仕上げようと書き出したものの……いやぁほんと、ライターさんという稼業をなされている方はすごいなと思う。その日の内に記事にしちゃうんだもんね。XCOの時は、一つのレースに大雑把に展開があって、その中でトピックを一つか二つ入れて、データから持ってきたネタを仕込めば良くって、それを各クラスでまとめれば良いのだけど、、、
XCEはまずレースが多い。一括りにするにしても展開が一レース一レース違うし、かと言って同じ視点だけにならないように一つ一つのレースの差を出すのはむずいし、全部のレースを真面目に書き始めるとかつてない長文になるし、記憶があいまいで、ん?このエピソードこのレースだっけ?っていうのもあるし、いゃあ、手が進みませんですわ。
っていっても、書いておかないと後半戦に向けて、意欲が失せるという事もあるので、継続は力なりで脈絡無く綴ります。
34779068_2041678385906427_7119423092195065856_n.jpg
XCE前橋。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/10 CJ-2 前橋 展望 [MTB]

Coupe du Japon MTB XCC & XCE 前橋 展望 


29257882_1213448982118765_8641863264789079541_n.jpg

じもティさんが観客として会場にきてたなぁ
今年ものぞきに来るかな?


土曜日かXCE 日曜日かXCC 昨年とは逆 なんか意図があるのだろうか。

XCCの方が翌日にダメージが残るのかな。


展望と言っても、XCOとはレースの質が違うので難しいね


では

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/3 CJ-1 一里野 観戦記 その2 [MTB観戦]


行きで、二台。帰りで四台、内二台はまさにその瞬間。
なんだと思います?

高速道路での捕物を見た数です。

いやぁ、怖いくらいに多かった。


長いこと走っていると、ここが100なのか、80制限なのか分からなくなる。そんな時に、左車線で待ち構えている高級セダンを見かけて、スピード大丈夫だよなと再確認するも、追い抜く際のスピード差が予定よりも大きいと感じてドキッとすること、計2回。追い越し車線でがんとブレーキ踏んでしまいましたとさ。^^;;2回とも。

その後、大人しくその当該車の前に入ると、何ブレーキ踏んでんだよ!とばかりに走行車線に入った私を威嚇しながら追い越し車線をかっとぶレヴォーグ。2回目はアルファードだったかな。音も無く加速していくと言った感覚で、絶妙な間で追走を開始するマークX。少し泳がせて赤い光とサイレン。何度見ても気持ちの良いものでは無いね。


って何の話しをしているのだろう。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/3 CJ-1 一里野 観戦記 その1 [MTB観戦]

5/4に朽木 往復1,100km

翌週5/13八幡浜  往復2,100km

(翌週5/19車検で静岡 往復 700km) 

翌週5/26,27富士見 往復 550km

そして翌週6/3一里野 往復1,100km

さらに翌週6/10,11前橋 往復 270kmx2

ふうう 怒濤のスケジュールもあと一週^^;;


ica34457608_2352469554979788_2840173731525951488_o.jpg

一里野のゲレンデ。さらにこの上のテッペンからDHライダーが降りてきたらどんな感じなんだろう っていつも思う。

上の急斜面を転がるように?降りてきて、最後はジャンプの連続だったら、走っている方は大変だろうけど見ている方はずっと走っているのが見えるから楽しいだろうなって。

さて、タイムスケジュール通りに行きますか。




続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/3 CJ-1 一里野 展望 その2 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB CJ-1 一里野


ic_2_19092650_2143596562533756_2104095272224046638_o.jpg


帰りは白山白川郷ホワイトロードがお勧め。
時間的に北陸道を行くより早く帰れたりする(延々遅い車に掴まらなければ……)。
天気が良ければちょー景色は良いし、同乗者が居なければ^^;;くねくね楽しく走れる。


だけど、情報によればまだ雪が残っていて開通していないのだとか。

残念だね。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 6/3 CJ-1 一里野 展望 その1 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB CJ-1 一里野


ic19055329_2143584235868322_749840768962811421_o.jpg


ここは横に広いゲレンデを左右に使い真ん中で直登するコース。
上下動や空中散歩というセクションがないが、富士見が大岩やくねくねバウム登りで様変わりしたように一里野も大きくかわるだろうか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 5/27 CJ-U 富士見 観戦記 その1 [MTB観戦]

XCO的な人にとっては、土曜試走、日曜本戦が一般的なスケジュール。
でも、DHIが併催のケースだと、土曜日がどちらかの本戦、その前日が試走になる。

f33577663_2023458187728447_8186306136891195392_o.jpg

富士見では、金曜にDHIの試走、タイムドセッション。土曜にDHI本戦とXCOの試走、日曜にXCOの本戦となるのが一般的な流れ。全日本選手権もこんな感じだ。


DHも撮るようになったのは3年前の全日本。

DHが日帰り余裕範囲で開催するのは富士見だけ。

なので、富士見は3年前から二日日帰りで撮っている。


が、今年から日帰りでなくても良くなった???ので、初の宿に泊まっての撮影。

にまつわるどたばたは後に回すとして、早速観戦記行きますか。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 5/27 CJ-U 富士見 展望 その2 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB CJ-U 富士見

HDR13316784_1077478252326450_3528705017137948533_o.jpg

富士見パノラマ。日本MTBのメッカ。
2012年に初めてJシリーズを見に来て以来、もう21回来ている。
2016年は7回/年
けど、1回もMTBで走っていないww
何しに来てんだかっていう話だね。


展望その2

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

CJ MTB 2018 5/27 CJ-U 富士見 展望 その1 [MTB観戦]

Coupe du Japon MTB CJ-U 富士見


F13323649_1077482698992672_361266622132034836_o.jpg
富士見パノラマのゲレンデより八ヶ岳を望む。
観戦に来たら1度はここまで登りましょうか。


先日の八幡浜がClass 1に対してこちらはClass 3、UCIポイントがもらえるレース。

だから国外からの参戦者も居る。

初戦から、菖蒲谷、朽木、八幡浜と西寄りの大会が続くので、すこし東寄りの富士見パノラマは関東以東からの初参戦が多い大会にもなる。


じゃ、展望行こうか。


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感